毛穴の開きを治す

毛穴の開きを治す

私は30代前半の男性ですが、30代に入って毛穴の開きが20代より目立つようになりました。
美容部員の知人に相談したら、紫外線ケアと保湿を怠っていたことが原因と言われました。

 

洗顔、日焼け止め、保湿で改善が見られなかったので、
美容広告代理店の知人におすすめの化粧品を聞くと、ビーグレンを教えてくれました。

 

そして1週間のトライアルセットを使って効果を実感できましたが、
使ってみようと思った決め手は以下の特徴でした。

 

博士が奥さんの肌悩みを解決するために開発した
365日返金保証付きで勧誘一切なし
医学会認定(保湿効果が医学専門誌に掲載)

 

詳細は公式サイトをご参考ください。

 

(公式)毛穴ケア サイエンスコスメb.glen

 

以下、トライアルセットに入っていた化粧品をひとつずつ解説します。

 

ステップ1:洗顔料(クレイウォッシュ)

洗顔

マイナスイオンの泥洗顔でこすることなく、掃除機のように汚れを引き付けます。

 

古い角質、メイク汚れ、皮脂を吸着して、すすぎ洗いで毛穴の外に流れ落とすので、
肌にやさしく毛穴の黒ずみを取り除きます。

 

泥の主成分「モンモリロナイト」は毛穴直径の約2,000分の1の大きさですので、

 

するすると毛穴の中に入り込み、汚れを取り除きます。

 

ステップ2:化粧水(ローション)

保湿

先端テクノロジー「QuSome」を採用したローションで肌を保湿して整えます。

 

QuSomeの粒子の大きさは針の先に約50個収まるほどの大きさですので、肌の奥まで浸透します。

 

保湿成分を角層の奥に長時間貯蓄することで、
後に続く美容液の効果も高まります。

 

そして加齢とともに硬くなりがちな肌を解きほぐし、毛穴の目立たないふっくらとした肌に導きます。

 

ステップ3:美容液(Cセラム)

美容液

ビタミンCは肌バランスを整えながら内側からハリと透明感を引き出し、毛穴を引き締めます。

 

ただしビタミンCはそのままでは肌に浸透しないため、
浸透させるための技術「QuSome」によって角質の奥へ浸透させます。

 

皮脂バランスを整えてテカリを防ぎ、
穏やかなピーリング作用で肌のざらつきも取り除きます。

 

ステップ4:保湿ゲル(モイスチャーゲルクリーム)

保湿ゲル

肌に本来備わる「水分を生み出す力と蓄える力」の根本にアプローチする保湿ゲルです。

 

4種の美容成分を含む独自の複合成分が各層の奥まで入り込み、
乾きのスパイラルからの脱却をサポートします。

 

長時間うるおいを閉じ込めることで肌に柔らかさが戻り、
毛穴の目立たない弾力性のある肌へ導きます。

 

ビーグレンのまとめ

ビーグレンは博士が奥さんの肌トラブルを解決するために開発されました。
そのため先端テクノロジーが採用されています。

 

その効果への自信から365日返金保証が付いていて、医学会からも認定されています。

 

送料無料で24時間サポートですので、対応もしっかりしています。
詳細は公式サイトもご参考ください。

 

(公式)[b.glen]毛穴の目立たない肌を手に入れる

 

私は「家族のため」という誕生理由に惹かれてトライアルセットを購入し、
毛穴改善のきっかけをもらったのでとても感謝しています。